25年前の悪夢

2017/11/10


2016年の夏季オリンピックの日本代表(っていう言い方が正しいかどうかはわかんないけど)の立候補都市に、福岡市を下して東京都が選ばれました。
東京と福岡のどっちでもいいって思うけど、直前で福岡市職員が飲酒運転で死亡事故を起こしちゃったのは決定的なイメージダウンだったかもね。
もちろんこれですぐにオリンピックが開かれるわけじゃなくて、何度かふるいにかけられて、厳しい誘致合戦を勝ち抜かなくてはならないのですけど。
アジアでは2008年に北京でオリンピックが開催されるし、アフリカや南米での開催がないので、もしかしたら南アフリカかブラジルとかもありうるかもしれないなぁとか思っています。


オリンピック誘致っていうと、1981年に「決まるもの」として思い込んでソウルに負けた名古屋オリンピックの悪夢がよみがえります。そのときの名古屋人の心境は奥田英朗さんの『東京物語』のレビューで散々書いたので読んでもらえたらなって思います。


ただね、個人的に言うと、東京オリンピック誘致は賛成しかねます。
だって治安も悪くなるでしょうし、人も増えるし、物価も上がりそう。どうしても東京で開催するなら、隅田川から西側でやっててほしい(笑)。
だから、当時名古屋オリンピックの誘致に反対した人たちの気持ちが今になってようやくわかるような気がしています。