堀厩舎が日本人騎手に重賞で依頼するのもなかなかめずらしい昨今。

人気もなかったし、まあ康太でいいか、くらいのノリだったかは本人のみぞ知る。

 

ベルカントは斤量考えてもあの競馬で仕方なし。

腹をくくって自分の競馬に徹したバクシンテイオー。

追い込みの康太、というイメージもシルクフォーチュン時代はあった。

そういう意味では久々に見たな、という印象。

 

昨年は逆の立場でベルカントを捕らえきれず1番人気を裏切ったビッグアーサー。

その後デムーロ騎手も乗りましたが結果が出ず、福永騎手で大輪の花を咲かせました。

堀厩舎だけに継続騎乗は正直わかりませんが、本賞金でどうにかスプリンターズS本番に出走できそうなだけに、できれば継続してほしい。

 

というわけで、レースはこんな感じでした。

www.youtube.com