いま「あなたの、仕事や研究に関係するかも」と、ある先生の私物の『丸山眞男の時代』(竹内洋著)を読んでいる。

丸山眞男の時代―大学・知識人・ジャーナリズム (中公新書)

丸山眞男の時代―大学・知識人・ジャーナリズム (中公新書)

  • 作者: 竹内洋
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2005/11
  • メディア: 新書
  • 購入: 2人 クリック: 41回
  • この商品を含むブログ (98件) を見る
 

 確かに面白い。内容以上に面白いのが、貸して下さった人が読んだとき「痕跡」が見えるところ。丁寧な本の読み方をするんだなーと。きれいにマーカー引いて。ああ、この人はここに興味があるのね、というところで、新たな面を窺い知る&勉強になる。

 興味のあるところに子供のようにつぎつぎと首をつっこむところとか、鼻がきくところとかすごく尊敬しているんだけど、そこが改めてわかるというか。

「本は買って読め」主義ではあるけど、これに関しては一部考えを翻す。

 というか、この先生は私がこんなところに反応するのを見越して、私物を貸してくれたような気がしなくもない。