f:id:q07025a:20160701232619j:plain

 

日本においては,地政学と軍事学は,敗戦後の政策により,大学から淘汰されてしまいました。しかし,現代史や現代の国際情勢を理解するうえでは全く欠かせないものです。歴史と地政学の違いは,「人を軸にして語る」か「地形を軸にして語る」かの違いです。新しい見方(味方)を身に付けてみてください!

 

プラグマティックに世界を見るために必須なので,ぜひ目を向けてみてください。3冊本を紹介します。

 

【地政学】

 

1冊目はややアメリカ礼賛の本ですが,うまく読みこなせば,欧州やカナダやアフリカや中国など,広く世界の地政学を学べる内容になっています。また,他の地政学の本と異なり情報が新しいところがメリットです。

地政学で読む世界覇権2030

地政学で読む世界覇権2030

  • 作者: ピーター・ゼイハン,木村高子
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2016/01/29
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 これは私の好きな茂木先生の本なのですが,地政学をエッセンス的に用いて基本的には現代につながる世界史を解説している本です。多少なりとも歴史と地政学の関連をつけているので,一応あげておきます。

世界史で学べ! 地政学

世界史で学べ! 地政学

  • 作者: 茂木誠
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2015/06/10
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (7件) を見る
 

 

【軍事学】

 兵頭先生は日本の軍事学の第一人者であり,元陸上自衛隊の隊員という経験も相まってリアルな軍事の世界を教えてくれます。本書は,日・米・中・韓の軍事について基礎的な解説してくれます。文章がうまく,とても読みやすい本です。

日本人が知らない軍事学の常識

日本人が知らない軍事学の常識

  • 作者: 兵頭二十八
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • 発売日: 2012/03/17
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 9回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 

 

連休で何か本を買おうとしている方は是非参考にしてみてください。